oyaji-ikumou’s blog

おやじが地道に育毛挑戦中。いやほんとに地道に。。。

育毛実践推奨⑦(水に注意)

 

  

《 塩素に気をつけろ 》

 

 

 

べつにドラマ仕立てにするつもりはないんですが。。。(^^;

 

 

ここまでくると「気にしすぎじゃね?」なんてツッコミが入りそうですね。

 

飲料品のブログをアップしたので、その流れで「水」について。

 

 

もうバラしてしまいますが、住まいは都内です。

水は都水です。

なので、塩素が入っています。

正確には「次亜塩素酸ナトリウム

ここでは簡単に塩素と表記させてもらいますが、主に除菌消毒を目的として使用されていますよね。

 

 

高橋由美子先生曰く

「そこに入っている殺菌剤(塩素)が血液中の鉄分と結合し、たちまち血液を薄くしてしまう」

 

藤田紘一郎先生曰く

「日本人の腸内細菌が減っている理由は、食物繊維の摂取量の低下や、極端に清潔になりすぎた生活環境などいろいろ考えられますが、水道水にも重大な一因があると考えています。

(中略)この塩素も活性酸素を発生させる原因となります。1回の洗髪で5分間もシャワーを浴び続ければ、大事な頭皮を塩素に晒し続けることになってしまいます。頭皮の健康を守ってくれている大事な皮膚常在菌を苦しめることにもなるでしょう」

 

以上、各書籍より。

 

 

それでも、通常の生活で多くの方が薄毛になっていくわけではないですよね。やはり体質だったりするのかなと思いますが、私と同様に薄毛になってしまった人達や、アトピーの人達には気にしてほしい内容でしょう。

 

なので、普通に生活をされている方達からすると大袈裟かもしれませんが、この話を続けさせていただきます。

 

 

ちなみに、金魚を飼う際に水道水は直に入れてはいけないですよね。せめて数日、日向にでも置いてから使用する。これは皆さんご存知でしょう。

 

次亜塩素酸ナトリウム』などが入っているからなんですが、特徴としては、

  • 常温でも不安定な化合物で徐々に自然分解します。
  • 日光、特に紫外線により分解が促進されます。
  • 温度の上昇とともに分解率は増加します。

などなど。。。

 

つまり浄水場次亜塩素酸ナトリウムが使われ、それが各家庭へ届くのですが、各家庭に到着した時の残留塩素濃度が規定されているので、都内であれば、ほとんどのご家庭では残留塩素があって当たり前の状況と思います。

マンションやビルなどでは受水槽が設けてあり、そこへ一旦溜めるのですが、水の利用が少ないと受水槽の中に留まることになります。すると、上記のように紫外線や温度上昇とともに分解していきますので、水を利用しないと殺菌効果は少なくなります。その分、雑菌も繁殖しやすくなるという感じです。

 

雑菌が繁殖しやすくなるということは、まあ、良くないですよね。

大腸菌対策などが疎かになる可能性があります。

そういう意味では、残留塩素は必要なものです。

世界中で日本の水道が一番安全なのはこの為みたいです。

 

 

〈 良い面 〉

  • 日本の水は世界一安全と言われている。
  • ミネラルとしての役割もある。
  • 塩素は塩酸として胃液に存在し、胃液を酸性に保つ。摂取した食べ物を殺菌し、消化を促す。
  • 血液中や体液の酸とアルカリのバランスを維持、調整する。

 

 

何も悪いことばかりではないんですよね。

 

 

実際、私も今年の正月は助けてもらいました。

 

あれはまさに「お正月」の朝。やはり大晦日から宿直で一泊し、仮眠後の清々しい静かな朝。家族から渡されていた宿直明けの朝食を食べた後、胃に凄い違和感。

「あれ?な、なんか胃がおかしい。。。」

何だろう?と気になり、胃の手前で引っかかっているのか、動きが悪いのかだろうと思いお茶を飲んだりするが治らない。

そうこうしている内に、宿直明けの残業が始まり、昼前には違和感が強くなる。

「こりゃぁ、やられたかも・・・」

そう。食中毒。

そこからは苦しみの時間。

なかなか胃のむかつきというか、違和感が治らず。午後は胃のあたりを中心に苦しむというか重いむかつきというか・・・。時間経過するほどに苦しみは増す。

結局、帰宅後、就寝するまでもがき苦しみました。

で、お食事中の方がいらっしゃったらごめんなさい。

最終的には自宅で吐きまくり、下痢しまくりになりました(^^;;

その後ネットで調べると、あとはとにかく水道水を飲むこと。それが一番だと情報を得て、ずっと水道水を飲んでいました。

お陰様で良くなりました。

その時に思いましたよ。水道水、侮れない!

 

風呂だって、トイレだって、残留塩素が無ければ雑菌が直ぐにでも繁殖するのでしょうね。そもそも水道管の中に水が常にあって、その水道管内が腐らないのは残留塩素のお陰ですもんね。

 

塩素は凄いんですよ!

 

 

あれ?

方向性が違ってきましたね。

 

 

なので、そういう良い面もあるんだよ。ということを念頭に置いて、悪い面に行きましょう。

 

 

なんせね、薄毛を発症してしまった人間からすると、そんなご利益満載の水道水も、私を苛めるのかー!ってな存在になってしまうんです。

 

 

〈 悪い面 〉

  • 野菜、米、レバーやキャベツ、椎茸など、水で洗ったり浸しておいたりするとビタミンを失いやすい。
  • 残留塩素が肌や髪のタンパク質を壊し、キューティクルが変化しパサつく原因となりやすい。
  • 肌の保水力や保湿力を低下させて乾燥肌やアトピーに繋がりやすくなる。
  • 微生物を分解した際にトリハロメタンが出るが、発がん性物質で、中枢神経や腎臓、肝臓などに影響しやすい。喘息の悪化や、流産が15%アップするなんて情報もある。
  • 本当は塩素が良くないのではなく、人の汗や体の汚れが水中に溶け出し、アンモニア性窒素と塩素が反応して「結合塩素(クロラミン)」が出来る。それが目のかゆみ、不快感。鼻、喉、肺のヒリヒリ感。肌の痒み、乾燥、パサつきなどを引き起こす原因となる可能性がある。

 

なんてことらしいです。

 

 

もうここまで悪いことを記述すると、本当にヤバイのかなと思いますが、同じ水道水を使っても周りの人達は影響がない様子。アトピーの人はさすがに注意して扱っていますけど。

 

コーヒーもそうですけど、全てが悪ではなく、良い面もちゃんとある。むしろ多くの方がその恩恵にあずかっているはず。

 

ということで、とにかく今言えることは、薄毛になってしまって発毛育毛対策をしている方達は、注意しましょう。お互いに。

 

 

そうそう!

シャワーヘッドを残留塩素除去タイプに交換しました!

ついさっき(^^)

 

 

 

地道に頑張って行きましょう。ね。